2012年08月08日

においが残るTシャツ、残らないTシャツ






8月に入り、暑さが本格的になってきましたね!

ワキガや多汗症で悩む人には辛い季節になってきたのではないでしょうか。

まだ治療をしていない人にとっては毎日の汗が深刻です。

デオドラントを使用したり、シャツを交換したりして少しでもにおいを軽減していきましょう。


私はワキガ治療をする前、シャツをこまめに交換するようにしていました。

職場についたらまず着替え、午後にも着替え、そして帰宅前に着替える。
というように一日に3枚は代えのシャツを持参していました。

いろんなタイプのシャツを着て分かったことがあります。

それは綿製のTシャツはにおいが強く残るということです。

綿製のTシャツは一見肌触りもよく、汗もよく吸収し、快適なように思えます。
しかし、吸収された汗と一緒に、いやなにおいも染み付いてしまいます。

そして、長期間使用することで、洗ってもにおいが落ちなくなるのです。


shirt_cotton.jpg
においが残る綿製のシャツ


一方でにおいが染み付かなかった素材は、ポリエステル製のシャツでした。

汗の吸収性はよくありませんが、においが残らないのでワキガの人には最適だと思います。

ワキガのいやなにおいは衣服に染み付くと、恒久的ににおいを発し続けてしまいます。

ポリエステル製のシャツはユニクロなどで簡単に手に入りますので、是非試してみてください。


shirt_polyester.jpg
においが残らないのはポリエステル製のシャツ


*「ワキガに関する雑談」前後の記事
前:自分でできるワキガチェックの方法









posted by ノブオ at 22:47 | Comment(14) | TrackBack(0) | ワキガに関する雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
私は綿100ならあまりにおいが出ないと勘違いして、今まで着続けてました(>_<)
傷跡が3ヶ月経っても赤黒さが酷く、本当に手術すべきだったのかとさえ考えてしまいます。
ノブオさんは水泳やジムにはいつくらいからいけると判断されますか?
Posted by えみ at 2012年08月09日 08:11
ポリエステルのものは着ているときに臭いがこもってしまいませんか?
なので私は綿100%のものをあえて着ていました。消臭効果のある物ならいいのでしょうが。
そしてそのシャツは洗濯する前の晩に、お風呂に入るとき重曹を溶かしたお湯につけこんでおき、朝他の洗濯物と一緒に洗っていました。

えみさんも手術をされたのですね。どうやらちゃんとした手術を受けられたようですね。
傷跡にお悩みのようですが、臭いの悩みからは解放されたのでしょうか?
私はやはり手術の効果がなかったようです。
半年後ちょうど冬になったくらいから再手術もできるようです。その時は半額で出来るようですが、ちょっと悩んでいます。
悩みどころは人それぞれなので、何とも言えませんが、高いお金を出したのだから傷跡が残ってもスパッと悩み解消したかったって思ってます。
傷はまったくわからないです。でも今までの色素沈着があり、結局きれいな脇ではないのですけどね。
Posted by ゆきこ at 2012年08月09日 18:46
私も朝に綿100のシャツを手洗いしてました。
においは胸から少しある気がしますが、脇の黄ばみは無くなりました。
ただ本当に痕が広範囲に渡りボコボコだし赤黒いし悲しいです。
日にちで良くなることを願います。
Posted by at 2012年08月09日 21:28
私も朝に綿100のシャツを手洗いしてました。
においは胸から少しある気がしますが、脇の黄ばみは無くなりました。
ただ本当に痕が広範囲に渡りボコボコだし赤黒いし悲しいです。
日にちで良くなることを願います。
Posted by えみ at 2012年08月09日 21:29
ワキガのにおいは体から出るというよりは、アポクリン腺が雑菌と反応して異臭になると学びました。

体からにおいを出すというよりは衣服から出るという感覚です。

ですので、においが染み付きやすい綿は遠慮していました。

実際に去年の綿のシャツがまだあったのですが(写真のもの)相当臭いです(笑)

女性のとは着るものが違いますし、一概には言えないのかも知れませんね。
Posted by ノブオ at 2012年08月09日 23:17
何度もすみませんm(_ _)m
ノブオさんは水泳やジムにはいつから行けると考えられますか?
Posted by えみ at 2012年08月11日 14:32
初めまして。
私(男)は総合病院の形成外科で8月2日に皮弁法にて手術を受けて7日に退院、10日に抜糸をしました。
まだ手術から日が経っていないので、再発、傷痕等不安いっぱいですが、大変晴れやかです。
手術は大変ビビりましたが思った以上に楽チンで、覆い越しに関西弁の先生と途中経過や術後のことを聴いたりして、良い雰囲気で進めて頂きました。
手術、術後ともに我慢できない痛みというより、ほとんど痛みはなく、固定するためのテープによるかぶれの方が辛かったですね。
これならもっと早く手術すれば良かったです。
8日から仕事にも行ってますが、勇気を出してデオドラントの類いは使っていません。
Posted by たかし at 2012年08月11日 14:46
たかしさんは真夏に手術をされたのですね。
入院をする手術ってことはかなり本格的ですね。それならば完全に腋臭とさよならですね。

お仕事は何をされているのですか?事務職ならば差支えないようですが、体を使うという仕事なら、もう少し安静が必要ですよね。
痛みがないのはやはり、手術をする医師の腕によるのでしょうかね。
私は痛みがほとんどないと言われる手術でしたが、かなりの痛みを伴いもらった痛み止めは飲みつくし、自前の痛み止めものみ、常にわきの下を冷やしていました。
こんな思いをし、高いお金もだしましたが、すぐに再発です。

アポクリン腺って完全に取ってしまわないと、また増えるんですかね?効果が低い手術とはいえ、ある程度は削除していると思うのですが、また復活するんですかね。

入院するほどの手術ということは、会社にもカミングアウトし、家族の助けもあってのことですか?
Posted by ゆきこ at 2012年08月11日 23:02
仕事は営業兼事務です。
自分の場合は偶然が重なり真夏になっちゃったという感じなんです。
総合病院でもかなり治療されているらしく、腋臭症患者専用の治療計画シートを用意されており、初診時に手術〜退院までのスケジュールを詳しく教えてもらえました。
手術日を合わせて6日の入院が必要で、どうすっぺかなぁ〜と思いましたが、仕事場から有給休暇を消化せよとの指令がありまして、これ幸いと土日含めて6日を確保することが出来ました。なので、家族には話しましたが、職場には知らせていません。しかし、同僚から休みの行動について突っ込まれ、ごまかすのに苦労しました。

執刀していただいた先生は若いですがかなり経験がありそう(予想)で、先ほども書きましたが、手術中も話してくれて、いつもより広めに取ったとのことでした。
Posted by たかし at 2012年08月12日 06:55
途中で書き込んでしまいました。

痛みについては手術前の話でも多少はあるとのことでしたが本当に少なく、寝返りすると痛いので就寝時にだけ痛み止を飲みました。今のところ経過は良好です。

仕事については、ある程度の制限があります。元に戻るまでに1ヶ月くらいはかかるようです。必死にごまかします。

再発についてはアクポリン汗腺を取り残すと再発する場合があるそうです。第二次成長前だとアクポリン汗腺を確認しにくく、結果取り残す場合があるとのことでした。再発しないことを祈るのみです。
Posted by たかし at 2012年08月12日 07:07
あ、それから、私を手術していただいた先生は土日も病院に来てくれて、入院中の処置も看護師に任せっきりにせず、先生自身が行ってくれました。感謝しています。

長くなってすいません。
Posted by たかし at 2012年08月12日 07:16
こちらで大変お世話になりましたが、携帯が調子が悪くスマホに変えてまた戻ってこれるか分かりません。
ノブオさん本当にありがとうございましたm(_ _)m
また戻って来れるよに願ってます!


Posted by えみ at 2012年08月12日 15:06
こちらで大変お世話になりましたが、携帯が調子が悪くスマホに変えてまた戻ってこれるか分かりません。
ノブオさん本当にありがとうございましたm(_ _)m
また戻って来れるよに願ってます!

Posted by えみ at 2012年08月12日 15:07
>えみさん
手術方法にもよるのでしょうが、水泳やジムは、私の場合わきのつっぱりが気になるという視点なら1〜2ヶ月は様子見でしょうか。

手術痕が気になるということでしたら、半年たった今もまだ残っています。

そんなに凝視されなければ分からないレベルだと思いますけども。


>たかしさん
早く通常通り動けるようになるといいですね。
Posted by ノブオ at 2012年08月12日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。