2012年02月17日

ワキガ手術体験初日-1:左わき手術






手術初日、気持ちが重かったのを思えています。
安全な手術とはいえ、切開手術ですので緊張がないと言ったら嘘になります。

けれども、手術に耐えてワキガの悩みから解放されるんだと強い気持ちで望みました。

手術するに当たり、腋毛を剃ってくることとデオドラントはしてこないこと、そして可能であれば前あきのシャツを着てくることを言われました。


先生とのカウンセリングが始まり、まずは本当にワキガなのかの確認。
自分でワキガだと感じたのか、それとも人に言われたのかを聞かれました。

耳垢がキャラメル状であること、においを他人に言われたことを伝えると、ほぼワキガで間違いないと。先生がにおいを嗅いで直接確認するまでには至りませんでした。


治療する意思に変わりがなければそのまま手術に移るとのこと。
私は両わき同時にやって欲しいと伝えました。

事前に調べていたのですが、手術後はわきを1週間ほど固定するそうです。片わきずつ手術をすれば少なくとも2週間は不自由な生活を強いられます。それよりは一度にやってつらい期間を減らそうと思ったのです。

しかし、先生からは特別急いでいないのであれば、片わきずつの手術を勧めたいとのことでした。

その理由は、固定期間にわきをなるべく動かして欲しくないため、常に片手は使える状態が望ましいとのこと。わきを動かしてしまうと皮膚が変にくっついてしまうことがあるそうです。

患者の状態を考えてのことだったので、私は納得して片方ずつの手術を決意したのです。

なお、手術費用は術後に使用する痛み止めと抗生物質を合わせて19,000円程度とのことでした。


*「ワキガ治療・手術体験談」前後の記事
後:ワキガ手術体験初日-2(写真あり)









posted by ノブオ at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワキガ治療・手術体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/252784953

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。