2012年02月09日

両わき同時に治療すべき?






自分がワキガだと分かったとき、とにかく一刻も早く治療したかったので、両わき同時に治療することを考えていました。

しかし、事前のカウンセリングで医師から「片方ずつやった方がよい」とのアドバイスをもらい、片方ずつやることにしました。

結果的に片方ずつ治療してよかったと思います。


これは、ひとえに術後の固定期間を考えてのことです。

ワキガの治療後は患部を1週間ほど固定してはがれた皮をくっつけるのですが、きちんとくっつくように、なるべく動かなさないようにしなくてはいけません。

この固定期間は意外と不自由なもので、両わき同時に治療すればその分早く固定期間から解放されます。

しかし、日常生活をしていればまったく両腕を固定したままでは何もできません。洗顔に着替え、お手洗い、体を寝かせて起こすことすらままならないのです。

もし、片腕が空いていれば、なんとかこなせることも、両腕がふさがっていればどうしても負担がかかります。

無理に動かして固定がずれてしまうと、わきの皮がきれいにくっつかず、見栄えが悪くなることがあるそうです。


ワキガ治療を早急にしなくてはいけない場合を除き、片方ずつじっくりと治療していくことをおすすめします。









posted by ノブオ at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ 両わき同時に治療すべき? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。