2012年07月12日

自分でできるワキガチェックの方法






今年もとても暑い夏になりそうですね。

たくさん汗をかくと自分の体臭が気になってしまうことでしょう。

私も昔から夏が苦手でしたが、この夏は少し気持ちが違います。

しっかりとワキガの治療をしたことで、自信が持てるようになりました。

周りに迷惑をかけていない、そんな安心感は今まで感じたことのない気持ちでした。


もしかしたらこのブログを見ている人の中には、自分がワキガかどうかわからずに悩んでいる人もいるかもしれません。

ワキガ手術をしている病院やクリニックでは、手術前のカウンセリングを行っているところが一般的です。

ですので、本当にワキガかどうかわからない人は、一度診察をしてもらうのがよいでしょう。

けれども中にはクリニックに行くことも腰が引ける人もいるでしょう。

そんなときは自分で簡単にチェックしてみることをオススメします。


夏場に綿製の白の下着を一日着ます。
たくさん汗をかくような日が良いでしょう。

そして脱いだ下着を一日くらい寝かせた後、わきの部分が黄ばんでいないかチェックします。

少しでも黄ばみがあれば、それはワキガの原因であるアポクリン腺からの分泌物ですので、ワキガの可能性があります。

同時にかなりきついにおいを放つようになっているのではないでしょうか。

ポイントは一日寝かすことです。
脱ぎたてのものでは、自分ではにおいが分かりません。


私はワキガ治療をする前はすべての白いシャツが黄ばんでいました。

今は黄ばむことはありません。

ワキガかどうか分からずに悩んでいる人は一度チェックしてみてはどうでしょうか。


※あくまでも可能性が高いという話ですので、最終的な診断は専門の医師に確認してください。


*「ワキガに関する雑談」前後の記事
前:ワキガ治療後に気をつけていること
後:においが残るTシャツ、残らないTシャツ









posted by ノブオ at 01:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | ワキガに関する雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。