2012年05月17日

ワキガ治療をするのに適したタイミングは?






ワキガ治療をするのに良いタイミング、それは「治療したいと思った瞬間」です。

けれども、実際には固定期間の確保等も視野に入れて考えなければなりません。

まずは、手術後に1週間程度十分に安静にできる期間を確保しましょう。

学生であれば、春休みや夏休みのタイミング。
社会人の方でも連休をうまく活用して、あまり激しく動く必要のない時期が良いと思います。

私は手術後も仕事を休まなかったので、仕事や学校を休まなくても可能な場合もあると思います。


また、剪除法での手術を行った場合、手術跡が長く残ってしまいます。

傷跡が残っている間は女性はノースリーブを着づらくなると思いますので、秋や冬の間に手術をしておくと、夏には傷跡が良くなっていると思います。


個人的には洋服の心配よりも、思いたったときに治療を行うことで、心のケアを早くすることの方が大切なかなと思います。


*「ワキガに関する雑談」前後の記事
前:なぜワキガを治したいのか考えてみる
後:猛暑の2週間前には決意しよう!









posted by ノブオ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワキガに関する雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。